NEWS

【深掘り情報】食べごろのシャインマスカットとナガノパープル

今回はこの秋にグラン スイート サーカスが主役に抜擢したシャインマスカットとナガノパープルの深掘り情報をお届けします。

長野県須坂市の山あいでじっくり熟された中村農園のブドウをフローズン エクレアとフローズン パリブレストに使用しますよ。

★中村農園のシャインマスカット

種がなく皮ごと食べられることから全世代で大人気のシャインマスカット。
皆さんも一度は口にしたことがあるのではないでしょうか?

果皮はパリッと、甘い果肉と爽やかに広がるマスカット香が特徴。
種もなく果皮も食べられるので手も汚れにくく、食べた後も散らかりません。
とても食べやすいので、次から次へと手が伸びてしまいますよね。

あまり知られていないのですが、シャインマスカットをはじめとするブドウは、収穫後に追熟しても甘くなりません。

スーパーに並んでいたシャインマスカットが思いのほか酸っぱかったというご経験をされた方もいらっしゃるかと思います。

中村農園では一般的な市場流通品よりもさらにじっくり樹上で熟させ、生産者ご自身が”いまがまさに食べごろ!”と太鼓判を押したシャインマスカットだけを収穫しています。

ちなみに果皮についている白い粉は「ブルーム」といって、果実に含まれる脂質からつくられた天然の蝋(ろう)物質が表面に出てきたもの。

ブルームはブドウの病気を予防したり、果実の水分の蒸発を防ぐなど鮮度を保つ働きがあります。

農薬やカビではないので安心してそのままいただけますよ。

それでもやっぱり気になるという方は、いただく前にブドウを軽く水ですすぎましょう。

★中村農園のナガノパープル

まずはそもそも「ナガノパープル」という品種を初めて耳にする方もいらっしゃるかと思います。

ナガノパープルは巨峰とリザマートをかけあわせた黒系のブドウ品種で、長野県須坂市で誕生しました。

粒が大きく種がなく皮ごと食べられるナガノパープルはポリフェノールたっぷり。

その芳醇で濃厚な食わいは全国のブドウマニアをとりこにするほど。

シャインマスカットと同等に扱われる高級ブドウで、黒系ブドウのシャインマスカットのような存在です。

ナガノパープルはこれまで長野県内でしか栽培できなかったのですが、2018年から生産地域が緩和され長野県外での栽培が可能になりました。

そのおかげで長野県外の農家さんもナガノパープルの栽培にチャレンジしているそうなので、もうしばらくしたら国内の生産量も増え、全国的な認知度がもっと広がっていくかと思います。

しかしナガノパープルの美味しさはブドウ好き界隈ではすでに熱く知られておりまして、ご存知なかった方はぜひ名前だけでも覚えておいていただいて損はないかと思います。

そんな中村農園が育てるナガノパープルは、2020年に農林水産大臣賞を受賞するほどの格別さ!

ナガノパープル誕生の地である長野県須坂市で農業に従事する中村農園がこれまでに培ってきた高度なブドウ栽培の技術は、特に難しいとされるナガノパープルの栽培だけでなくシャインマスカット栽培にも活かされています。

シャインマスカットと同様に、中村農園では樹上でしっかり熟し糖度が上がったナガノパープルを収穫しています。

甘くて美味しいですよ!